アルコール系育毛シャンプーの特徴について

アルコール系育毛シャンプーについてですが、

 

簡単に説明すると、アルコール系のシャンプーと言うのは、
市販で良く売られているシャンプーと同じ類のものです。

 

石油由来のシャンプーで、
「「洗浄力」・「泡立ち」は良く、値段も安いシャンプーです。

 

さらにアルコール系シャンプーについて詳しく説明していきます。

 

アルコール系育毛シャンプーのメリット

アルコール系シャンプーのメリットは
「洗浄力の強さ」となります。

 

頭が脂ぎっている方には絶大な効果が期待できます。
泡立ちも良く、サッパリとした爽快感ある洗い上がりにしてくれます。

 

アルコール系育毛シャンプーのデメリット

しかし、脱毛症状が進行している方にはデメリットの方が多く、
育毛シャンプーとして利用するのはお奨めできません。

 

メリットでも上げた「洗浄力の強さ」
脱毛症状に悩んでいる方の頭皮は弱っている状態ですので、
この洗浄力の強さが仇となってしまいます。

 

刺激が強すぎる為、脱毛が余計悪化する恐れがあるのです。

 

アルコール系育毛シャンプーをおすすめする人

頭皮環境に悩んでいる方には基本、
アルコール系育毛シャンプーはお奨めできません。

 

しかし、慢性的なフケ・ヒドイ脂性の方には適しています。
ですが、注意も必要という事を覚えておいてください。

 

丁寧に洗おう

頭を洗う際に力任せに洗うのはNGです。

 

頭皮を爪でひっかいてしまい、気付付けてしまう可能性があります。
そうなると頭皮の炎症を招いてしまう恐れもあります。

 

爪はちゃんと切り、シャンプーする際は
指の腹で優しくマッサージするように洗いましょう。

 

特に、つむじ周辺はフケや脂が溜まりやすく、臭いも発生しやすいので、
重点的に洗うようにすることをお奨めします。

 

洗いすぎは逆効果

沢山の量を一度に使用したり、力任せな洗髪などは、
逆に頭皮環境を悪化させてしまう大きな原因となります。

 

先に説明した通り、アルコール系のシャンプーは
洗浄力の強いシャンプーですので、
洗いすぎによる頭皮に必要な皮脂まで奪ってしまう事になります。

 

念入りなすすぎを心がけましょう

これはどの系統のシャンプーにも言える事ですが、
シャンプー剤の洗い残しは避けましょう。

 

頭皮に残ったシャンプー剤は炎症やかぶれの原因、
また、余計な皮脂となってしまい毛穴を塞ぐ事で脱毛症状を悪化させます。

 

つむじなどは洗い残しやすい部分でもあるので意識してすすぎを行いましょう。

 

まとめ

 

基本、脱毛症状にお悩みの方は頭皮環境を整える必要がありますので、
アルコール系シャンプーはあまりお奨めできないのですが、

 

フケがかなり多い方・頭皮がかなりの脂性な方
こんな方はアルコール系シャンプーを利用してみましょう。