禿げる原因は男性ホルモンの仕業?

なぜ男性は禿げるのに女性は禿げないのか?
それは男性ホルモンが大きく影響しています。

 

男性ホルモンの中には、
「テストステロン」と言うホルモンが存在します。

 

この「テストステロン」と言うホルモンが、
「5−αリダクターゼ」と結合する事により、

 

「ジヒドロテストステロン」という悪性の物質に変化します。

ジヒドロテストステロンの作用とは?

男性が禿げる原因はこの「ジヒドロテストステロン」
具体的には「ジヒドロテストステロン」がどのような影響を及ぼすのでしょうか?

 

それがコチラの2つ
「多量の皮脂を分泌」・「ヘアサイクルが乱れる」

 

こちらが「ジヒドロテストステロン」の主な働きになります。

 

 

まず多量の皮脂の分泌についてですが、
異常な量の皮脂が分泌されることで、頭皮が脂っぽくなり、ベタベタに。

 

それに加え、皮脂が多くなることで、毛穴をふさいでしまうので、
本来髪が生えくるはずの部分に髪が生えてこなくなります。

 

さらには、皮脂が髪に絡みつくことにより、
髪の成長を妨げ、髪が抜け落ちてしまうという事になります。

 

 

そして、ヘアサイクルの乱れについてですが、
「ジヒドロテストステロン」が髪の細胞の元「毛母細胞」を刺激することで、
ヘアサイクルの活動を妨げる事になります。

 

そうなってしまうと、これから成長するはずだった髪の毛も、
成長する前の「産毛」の状態で活動を止めてしまいます。

 

そのうえ、軽く髪を掻き上げる程度のチカラで
簡単に髪は抜け落ちてしまうというサイクルになってしまいます。

ジヒドロテストステロンの量が多い人の見分け方

ジヒドロテストステロンの量が多い人の特徴として、

 

「薄毛が進行してきた」という人はもちろんですが、
他にも、「体毛の増加」や「精力減退」などが挙げられます。

 

最近これらの症状が明確に強まってきている。
と思われる傾向がある方は
ジヒドロテストステロンの量が多くなってきている傾向にあります。

 

放っておくと薄毛・抜け毛の進行は強まるばかりですので、
しっかりとした育毛対策を施す事をお奨めします。