生活習慣が原因の薄毛・抜け毛について

普段の生活の中でも、
薄毛・脱毛を促進させてしまっている原因が潜んでいます。

 

こちらでは、生活習慣による脱毛原因を紹介します。

 

喫煙や飲酒は育毛を阻害する

喫煙は脱毛症状を促進してしまう大きな原因です。

 

タバコの中に含まれているニコチンは、
血管を収縮するといった作用を持っています。

 

血管の収縮

 

血管が収縮することによって、
頭皮に栄養を十分に運ぶことが出来なくなります。

 

 

それにより、毛穴からは本来の髪が生えず、
弱々しいすぐに抜け落ちてしまう髪の毛しか生えてこず、
薄毛症状はさらに強まるばかりです。

 

ビタミンCが不足してしまう

 

また、喫煙によりビタミンCが大量に破壊されてしまいます。

 

禿げの人の頭皮は固くなると有名ですが、
これはその頭皮に必要なビタミンCが不足している事で起きてしまいます。

 

飲酒による肝臓への負荷

 

お酒を飲みすぎてしまうと、肝臓に負荷がかかってしまい、
カラダの中の栄養は肝臓の修復の為に使用されてしまいます。

 

それにより、本来髪や頭皮への栄養分が不足してしまい、
髪の毛の成長を妨げる・抜け毛が促進してしまう
といったことを引き起こしてしまう事になります。

帽子やヘルメットも育毛を阻害する

帽子やヘルメットが育毛を妨げる大きな理由として、
「頭皮の蒸れ」が挙げられます。

 

頭皮が蒸れてしまう事で、細菌が繁殖しやすい環境になり、
それにより頭皮の炎症などの症状を引き起こしてしまう事に。

 

それだけでなく、細菌が毛穴に詰まる事により、
髪の毛の成長の妨げ育毛を邪魔する事になってしまいます。

 

また、防止やヘルメットによる「頭皮の締め付け」
これにより、頭皮の毛細血管を潰してしまい、

 

頭皮の血行が悪化してしまう事になるのです。

パーマやカラーリングも頭皮にダメージを与える

パーマやカラーリングも脱毛の大きな原因の一つです。

 

今では男性でもパーマ・カラーリングを日常的に行われています。
パーマ剤・カラー剤の刺激を受ける事で、

 

ヒドイ時には炎症を起こし、さらには皮膚が火傷の跡の様になってしまう事も。

 

 

できる事であればパーマやカラーを控えておいた方が賢明ですが、
どうしてもしたいという事であれば、

 

せめてパーマやカラーの頻度を少なくすることを心がけましょう。

 

間違ってもパーマとカラーリングを同じ日に施術しない事。
その場合はどちらかを施術した2・3週間と間を空ける事をお奨めします。