育毛シャンプーには3つのタイプがある!

シャンプーといっても種類は様々で、
数多くのシャンプーが存在します。

 

大きく分けると、
「アミノ酸系シャンプー」
「石鹸系シャンプー」
「アルコール系シャンプー」

 

と3つに分類されます。
こちらではその3つのシャンプーの違いと特徴を説明します。

アミノ酸系シャンプーの特徴

アミノ酸系シャンプーは
育毛シャンプーの中でも主流とされています。

 

アミノ酸系シャンプーの特徴は「皮脂を摂りすぎない」
ということ。

 

頭皮に皮脂がありすぎるのもよくありませんが、
皮脂を摂りすぎてしまうのもこれまた良くありません。

 

必要な皮脂まで洗い流してしまうと頭皮にダメージを与える事も。
そして、頭皮や髪に刺激を与える成分も少なく、

 

育毛シャンプーの中ではこのアミノ酸シャンプーが一番効果的とされています。

 

石鹸系シャンプーの特徴

アミノ酸系シャンプーに比べると、
頭皮の皮脂を摂る量が多いのが石鹸系シャンプーです。

 

ですので、皮脂の量が多い脂性の方にお奨め。

 

ですが、洗い上がりの髪がキシキシするなど、
髪の毛の中の水分が多く奪われてしまうので、
トリートメントなどをしてあげる必要があります。

 

 

また、石鹸系シャンプーの中でも植物系石鹸シャンプーがとても人気です。
アミノ酸系シャンプーに比べると値段も安いのも一つの特徴となっています。

 

アルコール系シャンプーの特徴

市販の店頭で販売しているシャンプーの多くがこのタイプとなります。

 

石鹸系やアミノ酸系に比べると値段も遥かに安く、
洗い上がり、香りも良いことから人気です。

 

しかし、薄毛・脱毛症状の方には不向きとなります。
石鹸系・アミノ酸系に比べて刺激がかなり強いのが特徴で、
頭皮を保護している皮脂まで必要以上に洗い流してしまいます。

 

それにより、
「脂漏性脱毛症」・「脂漏性皮膚炎」を引き起こす可能性も。

 

髪がべたついてきたり、フケが多くなった場合は
このアルコール系シャンプーの影響が考えられます。

 

 

育毛シャンプーはアミノ酸系がお奨め

この様に3つのタイプのシャンプーを比べると、

 

最も育毛に適しているシャンプーは
「アミノ酸系の育毛シャンプー」という事になります。

 

頭皮や髪への刺激が少なく、頭皮に必要な皮脂を残す事で、
頭皮へのダメージを最低限に抑えてくれる効果があります。

 

まさに頭皮環境を整えるのに最適なのではないでしょうか。