禿げる人・禿げない人の決定的な違いとは?

脱毛症状が進んでいる人の特徴として、

 

「弱い髪の毛」しか生えてこないことが挙げられます。
弱い髪の毛とはいわゆる「細く抜けやすい髪の毛」

 

こちらでは「細く抜けやすい髪の毛」になってしまう原因を紹介していきます。

 

ストレスによるモノ

まずストレス原因についてお話していきます。

 

自律神経について
ストレスを感じてしまうと自律神経が刺激を受けてしまいます。
それにより、自律神経のバランスが崩れてしまうんです。

 

この自律神経のバランスが崩れてしまうと、血管を縮めてしまい、
頭皮に栄養が行き渡らなくなることで髪の毛が弱い髪の毛になってしまいます。

 

さらには不眠症を引き起こすなど、
髪の毛の成長に必要な睡眠を妨げてしまう事にもなってしまうのです。

紫外線によるモノ

紫外線による頭皮へのダメージも大きな影響を受けます。

 

紫外線は細胞を破壊する要素を持っています。
ですので頭皮に紫外線を浴びる事で、頭皮の細胞が破壊され、
大きなダメージを受けてしまいます。

 

他にも、紫外線は髪のDNAを傷つけてしまう力を持っています。
それにより、髪の細胞の誕生・成長を妨げてしまうのです。

 

また、皮脂を酸化させる力も紫外線はもっています。
皮脂が酸化することにより毛穴を詰まらせてしまう原因に。

 

この様に紫外線には脱毛を促進させる様々な原因が潜んでいます。

 

頭皮の栄養不足によるモノ

頭皮や髪に十分な栄養が行き渡らないと髪は弱くなります。
頭皮の栄養を補うにはどんな方法があるのでしょうか?

 

頭皮の血行を促進
頭皮に栄養を十分に行き渡らせる為には、
頭皮マッサージなどが効果的です。

 

血流を良くすることで栄養も十分に運ばれます。

 

タンパク質を摂取

タンパク質の中でも髪の毛に効果の高い「必須アミノ酸」

 

必須アミノ酸は体内で生成することが出来ませんので、
食べ物やサプリなどで摂取する必要があります。

 

この必須アミノ酸が不足することで髪の成長を妨げるだけでなく、
「肌荒れ」・「内臓の働きの低下」など、
健康面に大きな影響を及ぼしますので注意しましょう。

 

シャンプーの仕方が間違っている

脱毛症状を改善する上で、洗髪は重要になってきます。

 

しかし、その洗髪の仕方を間違えてしまうと、
さらに脱毛症状を悪化させてしまう原因にもなりかねません。

 

 

「熱すぎるお湯ですすいでしまう」・「爪を立てて洗ってしまう」
など、頭皮のダメージとなるような洗髪の仕方では、
かえって脱毛を促進してしまうんです。

 

脱毛症状を改善し、育毛を成功させるには、
育毛の為の育毛シャンプーを使用し、正しいシャンプーの方法をマスターしましょう。