育毛の第一歩は頭皮を清潔に保つこと!

頭皮が汚れていると、毛穴に皮脂が詰まってしまって、抜毛が進行してしまいます。
頭皮の汚れの度合いは、皮脂の量や、フケなどで判断することができます。

 

それだけではなく、頭皮が汚れていると「頭皮の炎症」が起こってしまう可能性もあり、炎症を起こしてしまうと、毛根がダメージを受けてしまって、髪が生えてこないようにもなってしまいます。

 

そこまで進行してしまうと育毛シャンプーを使っても効果が表れなくなってしまったり、
対策を行うことで、頭皮の炎症を進行してしまうことも考えられます。

頭皮の炎症の原因

頭皮の炎症の原因として、
「頭皮の不衛生」という理由の他にも原因があります。

 

紫外線の浴びすぎ・シャンプーのし過ぎ・食生活の乱れ・ストレスなど、
様々な原因が頭皮の炎症を引き起こします。

 

既に炎症を起こしている頭皮の特徴として、
「頭皮が痒い」・「フケが多い」

 

こんな方は早急に頭皮環境を整える必要があると言えます。

 

フケが多くなってきたら早急に対策を

頭皮の汚れを判断するには「フケの量」に注目しましょう。

 

フケの原因は、頭皮の古い細胞が剥がれ落ちたモノ。
しかし、フケ自体は誰にでもあるもので、
通常のフケは普段のシャンプーで洗い流せるものなのです。

 

ですが、頭皮環境に乱れがある方は
通常の方よりもフケの量が多い為、シャンプーでは洗い落とせない程の
フケが発生してしまいます。

 

つまりは頭皮の病気といっても過言ではありません。

フケには2種類のタイプがある

フケには「乾性フケ」と、「脂性フケ」
この2つが存在します。

 

乾性フケ・・・・
頭皮が乾燥する事により皮膚がはがれてフケが多くなる。
頭皮が乾燥している状態なので、「頭皮の炎症」が起こりやすくなってしまう。

 

脂性フケ・・・・
頭皮の皮脂の分泌量が多くなってしまい、脂でギトギトなフケが多くなる
頭皮の皮脂が多し状態だと、「脂漏性皮膚炎」となってしまう恐れがある。

 

この様に、フケが多いと様々な頭皮環境悪化を招き、
薄毛、脱毛を促進させてしまう恐れがあるのです。

 

フケができやすい環境は細菌の天国

「乾性フケ」・「脂性フケ」この2つを発症してしまうという事は、
やはり、頭皮が不潔であるという事なのですが、

 

頭皮が不潔であると細菌が繁殖しやすい環境という事。

 

まずは頭皮を清潔に保つ為にも、
細菌の繁殖を防ぐ為に、頭皮に合ったシャンプーを使用し、
頭皮環境を整える事でフケを抑える必要があります。